記事一覧

焼き芋は何で美味しいのか?

昨日、落ち葉を燃やして焼き芋をしました。
娘たちは夢中で食べていました。
小さめの芋でしたが、2~3個をあっというまにペロリ!
焼き芋おいしい
皮までムシャムシャいっていました。
私も少し食べましたが、めちゃくちゃ甘くておいしい!!
昨年よりも甘みが強いような・・・?
芋のデキがよかったのかな~?

少し調べてみました。
サツマイモはでん粉(アミロース)を麦芽糖に分解する糖化酵素(βアミラーゼ)を多く含むため、蒸したり焼いたりする過程で多量の麦芽糖ができ、甘味が増えます。
加熱が短いとこの酵素があまり働かず、甘みが出ません。
電子レンジでサッと加熱してもダメってことですね~。

今回の焼き芋は落ち葉を集めて燃やしました。
落ち葉でやきいも
雨が続いたり、霜が降りたりで十分に乾燥しておらず、昨年に比べると勢いよく燃えませんでした。
なので、かなり長い時間をかけて焼いたわけですが、それが甘みを引き出したんですね~!
納得!!
勉強になりました。

栄養食品効果効能ナビでは次のようにサツマイモの紹介がされています。

栄養面では、ビタミンCとカルシウムが多く含まれているのが特徴です。

ビタミンCは100g中30mgと、夏みかんと同等と豊富に含まれています。
また、カルシウムは100g中32mgと、野菜の中では多く含まれているほうです。

黄色で甘くホクホクした味わいの金時(さつまいもの品種)には、カロチン豊富に含有されています。

また、さつまいもはセルロース(食物繊維)の多いことも特徴のひとつです。

さつまいもは、便秘に効果を発揮します。
セルロースが腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させるからです。

黄色種のさつまいもに含まれるカロチンは、体内でビタミンAに変わり、夜盲症の予防や視力の低下を防ぐのに効果があります。

ビタミンCも多く含んでいるので、常食すれば美容効果にも期待できます。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

かぜの予防にもさつまいもは有効です。
ビタミンCは白血球の免疫力を高め、かぜにかかりにくくする働きがあります。

また、血液中のコレステロールを減少させる効果もあるので、動脈硬化が心配な中高年の人にもお勧めできる食材です。
・・・以上。

サツマイモ1個(300g)で396キロカロリーです。
ウォーキング2.5時間くらいでしょうか。
食べ過ぎには気をつけないといけませんね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawa

Author:kawa
河上 裕一(カワカミ ユウイチ)
昭和49年4月11日生まれ
女性専用30分フィットネス「B-line!熊本清水店」オーナー店長
日本肥満予防健康協会認定ダイエットアドバイザー
「ダイエット」は美容のイメージが強いですが、健康作りにも欠かせません。運動不足と食生活の乱れによる肥満や体力低下は社会的な問題になっています。このブログが皆様の体作りに少しでも役立てばと思います。。

フリーエリア

こちらもご覧ください!

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -