FC2ブログ

記事一覧

筋肉率と健康の関係

筋肉が衰えるのは良くない
ということは誰でもわかると思います。

それでは
健康維持のためにどれくらい筋肉があればいいのか
わかりますか?

筋肉だけですべて決まるわけでもないし、
筋肉のバランスも大切ですが、
目安はあります。

年代別の平均筋肉率の変化です。
・女性の筋肉率の変化 20代39%―30代37%―40代33%―50代30%―60代26%―70代23%
・男性の筋肉率の変化 20代44%―30代37%―40代34%―50代31%―60代29%―70代25%

50代ごろから、あちこち悪いところが出てきて
60代以降になると膝や腰、肩など、
日常生活に支障が出てくる話をよく聞きます。

と、考えると
筋肉率は30%以上を保ちたいところです。
できれば35%以上。

筋肉率の計算式は、

・筋肉量の計算式 {体重Kgー(体重Kg×体脂肪率%×0.01)}÷2=筋肉量Kg
・筋肉率の計算式 筋肉量Kg÷体重Kg=筋肉率%

・・・でわかります。目安になるのでぜひ計算してみてください。

年齢に関係なく筋肉量を増やすことができますが、
加齢とともに筋肉はつきにくくなります。

筋肉作りはできるだけ若いうちから
始めることが大切です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawa

Author:kawa
河上 裕一(カワカミ ユウイチ)
昭和49年4月11日生まれ
女性専用30分フィットネス「B-line!熊本清水店」オーナー店長
日本肥満予防健康協会認定ダイエットアドバイザー
「ダイエット」は美容のイメージが強いですが、健康作りにも欠かせません。運動不足と食生活の乱れによる肥満や体力低下は社会的な問題になっています。このブログが皆様の体作りに少しでも役立てばと思います。。

フリーエリア

こちらもご覧ください!

カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -