FC2ブログ

記事一覧

ウォーキングの落とし穴

ウォーキングをされている方が
大変多くいらっしゃいます。

「足腰が衰えないように」
「痩せたいから」

などの目的で歩かれている方が
多いのではないでしょうか?

しかし!漠然と歩くだけでは
思ったような効果は得られません!!
いくつかポイントがあるので興味があれば
読んでみてください。

①筋力アップの効果について
普段ほとんど歩かない人にとっては
ウォーキングを始めた段階では
筋力アップ効果があるかもしれません。
上半身の筋力アップはほぼないでしょう。

②心肺能力アップの効果について
残念ながら散歩程度では
心肺能力はまず向上しないでしょう。
時速5~6km程度の早歩きになれば
ある程度効果が得られます。

③ダイエット効果について
歩くスピードや体重によって変わりますが
ウォーキングによる消費カロリーは
30分で75kcalくらいです。
あめ玉2個とちょっとくらいでしょうか?
1時間歩いて缶ビール350ml1本分くらいです。
歩いたからといってちょっとおやつを食べたら
逆にカロリーオーバーするかもしれません。

ウォーキングは誰でも手軽にできる運動ですが、
得られる運動効果はかなり少ないです。

普段、ほとんど歩くことがないような人は
ウォーキング初期段階では
筋力アップや持久力アップの効果が得られるかもしれません。
慣れたら坂道を登るなど
運動強度を上げる工夫が必要です。

ウォーキングは体重の1.3~1.4倍の衝撃が
膝や足首にかかります。
体重が多い人がいきなりがんばると
膝が痛くなったりするので注意が必要です。

最低限の運動としてウォーキングは行いたいですが、
十分とはいえません。

60代以降も十分な筋肉量を維持していくためには
やはり筋力トレーニングが必須です。
より効率よく脂肪燃焼や心肺能力アップ行える
サーキットトレーニングは
健康や体質改善を考える
中高年にオススメの運動です。

ウォーキングだけでなく
ぜひ、もっと運動の幅を広げましょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawa

Author:kawa
河上 裕一(カワカミ ユウイチ)
昭和49年4月11日生まれ
女性専用30分フィットネス「B-line!熊本清水店」オーナー店長
日本肥満予防健康協会認定ダイエットアドバイザー
「ダイエット」は美容のイメージが強いですが、健康作りにも欠かせません。運動不足と食生活の乱れによる肥満や体力低下は社会的な問題になっています。このブログが皆様の体作りに少しでも役立てばと思います。。

フリーエリア

こちらもご覧ください!

カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -